世界を旅して星を見る

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストラリア旅行記Nケアンズ

<<   作成日時 : 2015/12/23 22:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりにゆったりとした日程である。結構ゆっくりと起きて朝食をとりに行こうとしたところ、洗面台の修理にやってきて無事に水道が使えるようになった。それを見届けてから朝食へ。ただ飯であるためいつもより有り難く?頂く。ご飯と味噌汁があったが味がいまいちだったのは残念。

10時頃からセントラルマーケットへ。娘のお土産でオクトノーツのフィギュアを買ってやりたいと思ってやってきた。最初に入ったABCストアには無かったのだが、そこで教えてもらった別の店で見つけることができ一安心だ。同じ店でバラマキ用のお土産もお得に買えたのでちょうど良かった。
画像


ホテルに戻りプールへ。家族が楽しみ始めたところで部屋に戻り夕食の予約をする。本当はシュラスコの店にもう一度行きたいと思っていて、娘も楽しみにしていたのだが、もう予約が一杯で、やむを得ずこれも既に行った中華料理店を予約した。

昼食前後の時間帯はプールで過ごす。このホテルの良いところは、ラグーンのある大きなプールがあることだ。子供と一緒に砂遊びもできるのが、何となく童心に帰れて嬉しい。
画像


プールからあがり、我々夫婦は娘がオクトノーツのフィギュアで遊ぶのに付き合い、他のメンバーはデューティーフリーへ行く。このタイミングで私は航空便のウェブチェックイン手続きを行った。8人分なので大掛かりだ。このホテルは宿泊客の使えるパソコンが無いため、手元のタブレットで手続きを行いホテルのアドレスに転送するという面倒なことになった。こうして雑務に時間をとられ、休息の時間が減るのが今回の特徴のようだ。

夕方6時にレストランCafe China へと向かう。デューティーフリーにお買い得品があったらしいので食事を注文してから見に行ったが既に売れてしまっており残念。

食事では、今回は生け簀からリーフの魚を頂いた。活きのいい魚を店員が持ってきて、これで良いですかと確認してくれるもので、テンションが上がる。味の方も非常に水準が高くて、台湾で食べるのと比べて遜色なかった。他のメニューも美味しく、オーストラリア最後の夜に相応しいディナーとなった。
画像


ホテルに戻り、柄にもなく夜のプールでひと泳ぎする。この時間は日差しもないので日焼け止めなど不要で気楽だ。ライトアップされたプールに浸かり、雲の隙間に見える南天の星座を眺めつつ最後の夜を惜しんだ。

部屋に戻り、最終日の記念として、家内とともにオーストラリア産のピノ・ノワールで乾杯して休んだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

オーストラリア旅行記Nケアンズ 世界を旅して星を見る/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる