世界を旅して星を見る

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストラリア旅行記Kケアンズからエアーズロックへ

<<   作成日時 : 2015/12/22 23:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

朝6時にホテルを出発しケアンズ空港へ。今回ここからエアーズロックの往復はJALのマイレージでとったカンタス航空だ。LCC とは違って荷物重量や機内サービスが普通にあるので気楽である。

ケアンズから内陸へと飛行機が進むにつれて、眼下の風景が赤い大地になる。レッドセンターという名前がよく似合うというものだ。約3時間のフライトの後、砂漠に囲まれたエアーズロック空港
へと到着した。
レンタカーを借りてユララリゾートへと向かうが、周囲は赤茶色の不毛な大地でオーストラリア内陸部に来たことを実感する。

午前中に到着したのでまだホテルにチェックインできず、荷物を置いて買い出し、昼食後、カタジュタ(マウントオルガ)へと向かう。
画像


空港からはすぐそこ見えていたはずのウルル(エアーズロック)とカタジュタだが、実は遠くて片道50キロもある。
途中のルックアウトポイントで全景を眺めた後は、カタジュタの中へと入る。車を停めてトレイルを歩き、V 字谷になっている奥へ。岩をくりぬく風穴もあり面白い地形だ。途中、水溜まりがあり、おたまじゃくしが多数住んでいたのは驚いた。なぜ干上がらないのか、カエルは何処にいるのか…?

カタジュタでの2時間のハイキングは非常に暑く体力を消耗したので部屋で休憩がてら明日の夜の段取りをする。大晦日なので何処もガラディナーで予約がとりにくいのだ。宿泊しているデザートガーデンズホテルでは一人なんと140ドルもするということなので、アウトバックパイオニアホテルを予約した。こちらは一人49ドルである。
部屋で休憩中、家内と娘はプールで遊んでいた。砂漠の真ん中にプールがあるのは贅沢この上ない。暑いので気持ち良さそうだ。
近くのカフェでパスタとピザの夕食後、サンセットを見に行く。

サンセットポイントまで車で向かうと既に大勢の観客がいる。もうサンセットまで30分をきっていた。さっきまで強い日差しの中にあったエアーズロックも斜光のなか影が目立ち立体的に見える。バックの空も少しずつ赤く染まり綺麗だ。岩肌もだんだんと赤色が増し、日没とともにそれが暗闇へと消えてゆく。
画像


ホテルに戻ってシャワーを浴びる。皆さんはここで一日が終わり休むが、よく晴れているので一人車でリゾートを離れ、ウルルに向かうメインロード沿いでカメラをセットする。元々は展望台ででも撮ろうかと思っていたが、暗くて場所がわからず道路脇での撮影となった。被写体のお目当てはやはり「南十字星とエアーズロック」だ。上弦の月が大地を照らしているのでウルルがよく写る。
画像


最初は少しだけと思っていたが、はかどってしまい、結局2時間ほどしてから宿へと戻った。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

オーストラリア旅行記Kケアンズからエアーズロックへ 世界を旅して星を見る/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる