世界を旅して星を見る

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストラリア旅行記Gカンガルーアイランドからアデレードへ

<<   作成日時 : 2015/12/21 23:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

朝3時半に起きて空を見るとよく晴れている。予報通りよく晴れているので星の撮影だ。ホテルに向かいの海沿いにあるテラスへと向かう。ちょうど南十字星が正面に見えるポジションだ。薄明まで撮影を楽しんだ。
画像


なお、天気予報通り、というのはオーストラリアの天体観測用の雲量予報のサイトなのだが、こんなものをウェブ上から探し当てる自分の周到さに苦笑してしまう。
撮影後、そのまま目が覚めてしまったが、家族が起き出すまでひと休みする。

キングスコートを出発し港のあるペネショーまで、カンガルーアイランド最後のドライブを楽しむ。ハイウェイという名の真っ直ぐで起伏のある一本道に、Long and winding road などというビートルズの歌詞が柄にもなく頭をよぎる。
画像


ペネショーに到着して、ペンギンセンターへと向かい、営巣しているらしい場所へ。しかし最初に訪れたのはビーチで何処にいるか見当もつかない。次に訪れたトレイルも、ペンギンが潜んでいそうな場所はあるが、結局見つけることはできず残念だった。

とはいっても良くないことばかりではない。昼食のために偶然立ち寄ったFISHという店は、色々な雑誌で紹介されていて、中には世界で一番美味しいと書いているものもある。食べてみると、魚もポテトも表面はサクッとしていて中はしっとりと美味しい。世界一かどうかは判定出来ないが、間違いなく今まで食べた中では一番だ。
画像


フェリーに乗り、ついにカンガルーアイランドをあとにして本土へと向かう。
来るときと同じハイウェイを戻るのだが途中で交通規制があり裏道を通る。裏道といってもいい道だ。

途中、マクラーレンベールに寄り道する。ワインの産地なのでテイスティングさせてもらう。運転手は無理だと思っていたが、飲み込まなければいいとワイナリーの人が言っていたので味見して飲まず吐き出す。幾つか試飲したが、結局味がわからなくなってしまった。
画像


アデレード空港で車を返して、タクシーでホテルへ向かい、18時頃に到着。ヒルトンはやはり豪華でいいが、明日の出発が早く、あまり堪能出来ないのが惜しい。

夕食はホテル付近で済ませる。ちょうどチャイナタウンなので中華の店が多いが、気分的に欧米のものが食べたかったのでイタリアンの店へ行った。飛び込みで入ったのだが、パスタもピザもとても美味しい。特にパスタは中に挽き肉の入っているラビオリ?のクリームソースで絶品だった。
画像


ホテルに戻りウェブなどチェックする。明日の飛行機のウェブチェックインや搭乗券の印刷などの事務処理がはかどるのは有り難い。ウェブがまともに見られるのはメルボルン以来6日ぶりで、文明の世界に久しぶりに戻って来れた感じだ。だが明日の朝が早いので、夜9時には休んだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

オーストラリア旅行記Gカンガルーアイランドからアデレードへ 世界を旅して星を見る/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる