世界を旅して星を見る

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストラリア旅行記Bメルボルン→カンガルーアイランド

<<   作成日時 : 2015/03/22 22:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

朝8:45の飛行機でメルボルンを出発。6時に起きたので余裕と思っていたが、クリスマス休暇のためか道も空港も混雑しており、なんとかぎりぎりの時間でチェックインに間に合った。くわばらくわばら。

そんなわけで、空港では朝食の時間も取れずそのまま出発である。仕方ないので朝食は飛行機のなかで購入することにしたが、ここで嬉しい誤算。バウチャーが有効になっており20ドル分が無料になった。あとで見てみたところ、変更可能のオプションにバウチャーがついている。おかげで朝食はホットサンドの機内食となった。

アデレード空港に到着し、ハーツレンタカーのオフィスへと向かう。クリスマス休暇のため、ここでもかなりの混雑で、車を借りるまで30分、さらにナビの初期不良や操作慣れにも時間がかかり、出発できたのは12時半頃だった。空港近くのスーパーで当座の食料などを買い込み、出発だ。

カンガルーアイランドへ向かうフェリーの出るCape Jervisまではおよそ一時間半のドライブである。ハイウェイを走り、途中からオーストラリアらしい原野の風景になってくる。英語のカーナビなのは少し心配していたが、別に迷うこともなく順調なドライブだった。


Cape Jervisは、フェリーターミナルのほかは小規模な集落があるだけの寂しい港だ。14時頃に到着したときには、既に多くの車が列を成して並んでいた。

予約していた15時の船に乗りカンガルーアイランドへ。玄関口のPenneshawまでは1時間弱だ。クリスマスなのでサンタさんが船の中に現れたりしてなんだか面白くて娘も喜んでいる。自分はというと、ちょっと船旅を楽しもうかと思っていたが、結局これまでのスケジュールで疲れきってしまっており、爆睡していた。ちょうどいい休みになってよかった。
画像


Penneshawから宿泊地であるKangaroo Island Wilderness Retreat まではさらに130キロ。これが途中何もないので、ハイウェイでもないのに2時間で着いてしまう。なにしろ滋賀県と同じ広さに4000人しか住んでおらず、しかも中心街は外して走るドライブルートなのだ。Peneshawを出ると途中にはほとんど何もなく原野が続く。フェンスのない動物園と呼ばれるだけあって、轢かれたらしい動物の死骸が所々にみられる。
画像


ホテルは自然保護区のすぐそばにある。そのため設備は粗末で、部屋には電話もインターネットもない。水道水も雨水とのことだ。
画像

画像


アデレードで買った簡単な食料でお腹を満たし、とりあえず外に出てみる。レセプションによれば20時半ころから動物が出て来はじめるとのことだ。しかしこの日は運悪く何も見られなかった。長旅疲れもあり、また雲っているので早めにシャワーをあびて寝ることにした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

オーストラリア旅行記Bメルボルン→カンガルーアイランド 世界を旅して星を見る/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる